借金の回収の代行と専門家や業者を選ぶポイント

弁護士1

借金の回収は、自力で難航してしまう場合があります。そこで専門家に代行してもらう手段もありますが、選択肢は複数あります。司法書士だけでなく、弁護士もあります。法的な問題が関わってくるので、弁護士に代行を依頼している方々も多いです。

ただし専門家に依頼するなら、料金は発生します。また依頼する業者や専門家は、よく見極める必要があります。

自力の回収とそのデメリット

そもそも借金は、問題なく返済されるとは限りません。例えば知人にお金を貸したとします。しばらく日数が経過したものの、なかなかお金が戻ってこない事もあります。自力でお金を回収するのは、不可能ではありません。

電話で催促する方法もあれば、内容証明という手段もあります。内容証明には文字数制限がありますから、注意が必要です。その他にも、直接訪問する手段もあります。何回電話しても返済されなかった時は、相手の自宅に直接訪問して話し合う選択肢もあります。

そして法的手続きです。相手に対する訴訟などを行い、返済を試みる方法です。ただ自力で行うと、トラブルに発展してしまう場合があります。例えば人間関係のトラブルです。借金に関する催促をすると、相手と口論になってしまう場合があります。

それで人間関係が壊れてしまう可能性があるのは要注意です。それと手続きに関するミスです。法的手続きを踏むと、実際お金が戻ってくる事はあります。しかし自力で手続きを進めるのは、法律の知識が必要です。法律に詳しくない状態で手続きを行うと、面倒な状況になりかねません。

司法書士やサービサーに依頼する

そこで専門会社や専門家に依頼する選択肢も浮上してきます。例えば司法書士です。この士業の方々は、主に登記の依頼を引き受けています。しかし司法書士によっては、債権の回収も可能です。ただし金額には制限があって、140万円以内に限定されます。

多くの借金では代行を依頼できませんから、注意が必要です。その他にも、サービサーという手段があります。サービサーは、金融会社に代わって回収を代行している業者です。そもそも金融会社も、色々な方々にお金を貸しています。

キャッシングなどは代表例です。キャッシングで借りた方々は、しばしば返済に遅れています。金融会社としては、自社で回収するのも大変なので、サービサーが代行している事もある訳です。

サービサーによっては、個人からも依頼を引き受けています。サービサーの担当者は、回収に関する提案をしてくれる事もあります。

法律には詳しい弁護士

ただし司法書士やサービサーですと、知識に関する問題点が浮上する事もあります。そもそも司法書士の方々は、必ずしも借金の回収に詳しいとは限りません。登記の手続きをメインに代行していますが、あまり回収に詳しくない事もあります。

法律に詳しくなければ、スムーズに回収できない可能性もあります。ところで借金の回収を代行しているのは、サービサーや司法書士だけではありません。弁護士も同様です。弁護士の方々は、法律には非常に詳しいです。法的手続きも、正確に行ってくれるので安心です。

そのため法律に関する正確性を重視するなら、弁護士に依頼する選択肢もあります。

借金の証拠に関する書類を準備

ところで専門家に依頼する場合は、色々な書類も求められます。借金に関する情報が分かる書類は、準備しておく方が望ましいです。

なぜなら法的手続きを踏む場合、証拠が必要だからです。いつ頃に、誰にお金を貸したか分かる書類があれば、証拠になります。ですから借用証などは、証拠になる訳です。それと返済に関わる書類も、準備しておく方が有利です。

例えば相手に20万円を貸して、一旦は5万円は返済されたとします。一部返済です。その返済の事実が分かる書類がある方が、有利になります。貸し付けに関する明細書も証拠になります。その他にも、身分証も必要です。

ただし、これらの書類は「全て必須」という意味ではありません。個人間のやり取りですと、記録を残していない事もあります。それでも弁護士によっては、対応してくれる場合があります。ただ証拠に関する書類は、できるだけ多い方が望ましいです。

専門家に支払う費用

また専門家に依頼すると、費用を支払う事になります。全部で2つの費用があって、1つ目は着手金です。弁護士に代行してもらう場合は、たいてい内容証明を郵送する事になります。それで相手と交渉するのです。それを依頼するだけでも、弁護士には5万円前後の着手金を支払うのが一般的です。

ただし着手金の具体的な金額は、弁護士によって異なります。なお裁判所を通じて手続きを進めた場合、着手金は大抵10万円になります。2つ目は、成功報酬です。戻ってきた金額の何割かを、弁護士に支払う事になります。

例えば知人に40万円を貸し付けたとします。それで専門家が回収を代行した結果、最終的には40万円が戻ったとします。40万円戻ってきた時は、成功報酬を10万円ほど支払うのが一般的です。

成功報酬は、回収額の20%から30%が目安です。

このように弁護士に対しては最低でも5万円の着手金を支払う事になります。

ホームページに目を通して選ぶ

弁護士4

ただし依頼する専門家や業者は、慎重に選ぶ必要があります。そもそも専門家に依頼しても、必ず回収できるとは限りません。回収を経験した実績が少なかったり、関連する法律にあまり詳しくなければ、回収に失敗する可能性もある訳です。

逆に、回収率が高い専門家もいますので、よく選ぶのが望ましいです。

回収業者や専門家を選ぶ時のポイントは、主に2つあります。1点目は、ホームページの確認です。最近では、多くの専門家は公式サイトを完備しています。法律事務所のサイトも多いです。そのサイトを見てみますと、色々な情報が見えてきます。

過去に回収した実例が掲載されている事もあれば、マスコミなど第三者から評価されている点が強調されている事もあります。それと会社概要です。概要のページを見てみれば、どのような業者や事務所なのかも分かります。

業者や専門家を選ぶために対面する

もう1つのポイントは、専門家との対面です。対面してみると、様々な状況が見えてくるからです。真摯にヒアリングしてくれる専門家であるかどうかは、よく観察する必要があります。それと、分かりやすさです。専門用語を使わず、分かりやすく話してくれるか否かも軽視できません。

そもそも、専門家との相性の問題もあります。ですから業者や専門家を慎重に選びたい時は、実際に対面する方が無難です。